2013年8月24日土曜日

ツッパリ棒を石膏ボードのような薄く弱い壁に取り付ける方法

家もしくはアパートでツッパリ棒を使用していたりするでしょうか?

ツッパリ棒は、工具が何も要らず部屋を傷つけないで服などハンガーを引っかけられっるハンガーパイプが出来るのでとても便利です

一方で、工具に頼らないハンガーパイプなのでよくずり落ちてしまうことも・・・。

ツッパリ棒がずり落ちてしまう原因として以前、以下のような記事を書きました

サラリーマンのための家計簿「家計プラス」: 突っ張り棒がよく落ちるようになった原因は?対処方法、つっぱり棒を買い換える

それでもツッパリ棒が落ちてしまう場合、もしかしてそのツッパリ棒を取り付けようとしている壁は薄い石膏ボードと言うことは無いでしょうか?

木造のアパートの場合、石膏ボードが使われているケースが多いです

 

実はツッパリ棒は石膏ボードには一般的には取り付けられないのです

IMG_5682a

ツッパリ棒が取り付けられる場所は、”十分な強度がある壁”が前提なのです。

石膏ボードのような薄い壁の場合、ツッパリ棒を取り付けてもそのうちずり落ちてしまうんです。

 

では、薄い壁や石膏ボードではツッパリ棒を取り付けられないのでしょうか・・・?

ツッパリ棒を石膏ボードのような薄い壁に取り付ける方法

石膏ボードは、その壁をトントンと叩いてみるとわかりますが、中が空洞になっており薄さが明らかにわかる壁です。

まず、石膏ボードにツッパリ棒を取り付けた場合のずり落ちてしまう原因を考えて見ます。

 

何故、ツッパリ棒は薄い壁に取り付けるとそのうちずり落ちてしまうのでしょうか?

簡単に言うと、薄い壁の場合壁がツッパリ棒に負けて曲がってしまうのです

IMG_6002

そして、そのうち横に広がった薄い壁からツッパリ棒が落ちてしまいます

要するに、ツッパリ棒が落ちてしまう原因は壁が薄く弱いからです

 

では、この薄い壁の原因をなんとかするにはどうすれば良いのでしょうか

答えは簡単、厚く頑丈な壁にすれば良いのです!

よくずり落ちてしまう薄く弱い壁にツッパリ棒を取り付ける技

壁を厚く強度を作るための方法がこれです

IMG_5862

単純でしょ?笑

 

何をしているのかと言うと

ホームセンター等でハガキ板(100円強)を買って来て薄い壁とツッパリ棒の間に挟むだけです

IMG_5847

IMG_5852

 

ちなみに、

ハガキ板をセロハンテープで止めているのは、一人で壁とツッパリ棒の間(両側)にハガキ板を挟むことは不可能に近く(笑)、セロハンテープで一時的に止めただけです。

そして、ハガキ板が落ちる前にツッパリ棒で挟みこみます

こうすることにより、石膏ボードのような薄く弱い壁に取り付けてもズレ落ちにくくなります

もしも、アパートでツッパリ棒が落ちて困っている方はこの方法を試してみてください

 

まとめ

ツッパリ棒と壁の間に頑丈なハガキ板を挟む(両壁とも)とツッパリ棒がずり落ちにくくなります

この方法で、強度の無い石膏ボードのような薄く弱い壁にもツッパリ棒を取り付けれます

0 件のコメント:

コメントを投稿